脱毛後の汗の量は気のせい?!

 

ムダ毛をエステサロンやクリニックで取り除いてもらった後、汗の量が増えたという意見が割と多く見かけられますが、
脱毛することで汗の量が増えるのは本当です。

 

しかし、これは感覚的な問題で、汗の量が増えているというのは正しい知識ではありません。
今まで汗を吸着していた毛がなくなったことにより、皮膚の表面を滴り落ちたり、湿り気のある状態を感じやすくなっただけです。

 

ムダ毛があったときにはまず毛が汗を吸着しますが、その状態で時間が経過するうちに自然に蒸発します。

 

量的には変化がないものの、実際には毛があってもきちんと汗を掻いています。

 

この状態を取り払うことができる脱毛は、ワキガの臭いを軽減するのに役立つというメリットを持っています。

 

ワキガの原因となる汗が毛に付着すると、雑菌や皮脂汚れなどと混じり合い、悪臭を放つようになります。
ところが、毛がなくなった状態であれば、長時間汗がその場に留まりにくいため、臭いの発生を自然に抑える効果がもたらされるという仕組みです。

 

ワキガだけでなく、多汗症に苦しむ人にとっても、大量の汗を掻くことで汗臭さがきつくなってしまうのを防止することが可能です。

 

エステサロンやクリニックの脱毛施術で汗の量が気になるなら、制汗剤を使うなどして対処するとよいでしょう。
スプレータイプのものよりも、ロールオンタイプやクリームタイプが効き目があります。また、気にしすぎるのも汗の量を増やしますので、注意したいところです。

 

 

 

【※全身脱毛サロンはどこがオトクなのか?ご紹介】

 

全身脱毛キャンペーン比較 (`・ω・´)ゞ※おすすめはココ!へ戻る。